千葉で流行している葬儀、火葬式と一日葬

千葉県で行う葬儀で最近流行しているものの中に、火葬式と一日葬とがあり、それぞれの方式は遺族の必要に応じて調整することができます。

■火葬だけで故人を送り出す火葬式

千葉県の火葬式はとてもシンプルで、通夜や葬儀または、告別式などの儀式をせずに火葬だけで葬儀を済ませることができます。

それで火葬式は宗教的な理由で儀式は行いたくない人や経済的な理由で経費を安く済ませたい人に向いています。

しかし、故人が亡くなってから遺体を保管しておく場所が必要だったり、儀式は行わなくてもお寺のお墓に葬りたい時には前もってお寺の関係者に連絡をしておかなければなりません。

■通夜を行わない一日葬

千葉県で人気のある一日葬とは、通夜をせずに告別式から火葬までをたった1日で行い、火葬式と告別式が合体した方式です。

葬儀が火葬だけでは寂しいけれど、仕事もあるので2日間も葬儀に使うのは時間や体力も厳しいと思っている人には良いプランでしょう。

一日葬では家族や近しい友人のみを告別式に招待して参列してもらいます。

注意すべき点として、儀式が半分になっても、祭壇飾りやお布施にかかる料金は変わらないので、葬儀の費用が安くなるわけではありません。

■火葬式や一日葬で注意すること

火葬式も一日葬も最近流行している葬儀のスタイルなので進行の仕方や、何をして何をしないのかを前もって出席者に知らせておく必要があります。

また、千葉県で火葬式で葬儀を行った人は、あまりにも葬儀の過程が短いので、故人を送り出した実感が持てなかったという人もいます。