千葉県の葬儀について

各地で葬儀の仕方は都市部や農村部によってやりかたや伝統が大きく違い、昔は千葉県でも農村部では近所の人が総出で手伝う組や班といった団体がありました。

では、今の千葉県の葬儀はどんな特徴があるのでしょうか?

■火葬場は公営が多い

千葉県ではほとんどの人が火葬の時に公営の斎場を使っていて、民営の火葬場を使う人はほんのわずかな数です。

それに比べ都心では、公営の火葬場が予約でいっぱいになるので、民営を使わなければならない事態が生じているそうです。

千葉県の葬儀では火葬は公営で行いますが、告別式や通夜は民営の会場で行うのが主流のようで、火葬以外の手配は葬式業者に任せているものと思われます。

■葬儀の方式は家族葬が主流

田舎では昔から近所の人が亡くなると自宅で葬式を行うので、全員総出で手伝いに行きましたが、今では全国的に家族葬を小規模で行う人が増えています。

しかし、家族葬の時に参列する人の全国平均は30人以下ですが、千葉県では100人以下なので、千葉県では家族葬でも人数が多い中規模の葬儀を好むようです。

■葬儀の場所は親族や友人を中心に計画する

千葉県の葬儀の方式は、100人以下の中規模のものが多いですが、駅から近い斎場を予約したり、遠くから来る親族のために宿舎を予約したりと、自分たちを中心に考えるのではなく、参列する人のことを意識して計画を建てるようです。

《参考ページ》–>気になる千葉の葬儀の事

しかし、家族だけで小さく行う葬儀でも、千葉県では50万円はかかることを覚えておかなければなりません。